タグ: 2標本検定

k標本問題の解法(母平均の差の検定、1元配置分散分析、2元配置分散分析)

異なる母集団からの標本を仮定した際にそれぞれを比較するというのは統計学を利用するニーズとしては大きい。入門書では2標本の母平均の差や母比率の比に関して区間推定や検定が行われるが、これをk個の母集団に拡張して考えたい場合も…

全文を読む